そばかすは、どうしてできるのだろう?

そばかすは、色素細胞の働きが強まり、部分的に皮膚に定着して発生します。ホルモンが刺激され急増することもありますが、やはり直接の要因は紫外線です。紫外線を受けると、皮膚表皮の一番下にある基底層でメラニン色素がたくさんつくり出されるのです。

そばかすを減らすには、どうしたらいい?

そばかすは、やはりできないように予防することが先決です。とくに紫外線対策を徹底しましょう。すでにできてしまったものには、美容液とホワイトニング化粧品でケアすることがおすすめです。そして、古い角質を取り除く洗顔も大切です。洗顔で角質を除去することで、化粧水や美容液の浸透力も高まり相乗り効果が期待できます。また市販の塗り薬を使用して様子をみるのもよいかもしれません。たくさんできて目立ってしまい、大きな悩みの原因になっている方は、皮膚科を受診して自分に合った治療法をみつけるという選択もあります。

そばかすの予防に大切なこと。

そばかすを増やさないためには、日焼けや紫外線は大敵です。そばかすは遺伝的な要因もあると指摘されていて、できやすい人は紫外線の刺激を受けやすいようです。年中を通して日焼け対策は必要ですね。ターンオーバーを良くして、メラニン色素を沈着しにくいお肌を目指しましょう。そのためには、毎日のスキンケアが大切です。洗顔で角質を落とし、保湿をしっかりして清潔で潤いのあるお肌を保つことで、良いターンオーバーができます。時間はかかりますが、日々継続していくことで、必ず今よりもそばかすが減少している日が来ることでしょう。

そばかすが出来る要因は大半が遺伝性です。しかし紫外線を多く当たる事により出来たり、悪化の原因にもなるようです。