小学生の時期の歯科矯正

小学校に入学するころになると、歯も生えそろい親の仕事は仕上げ磨きくらいになりケアが楽になったように感じられますが、そうなると気になるのが「歯ならび」です。そこで、学齢期にできる歯科矯正を簡単に紹介したいと思います。

マウスピース型の矯正装置

10歳くらいまでの大人の歯が生えそろうまでに試すことができるのが、マウスピース型の矯正装置です。取り外しできるで気軽に始められるのがメリットです。食事の時だけはずしておくことが可能ですし、ねじで少しずつあごの幅を広げていくなど成長期ならではの矯正が可能なため広く利用されています。ただいくつかの問題点があり、まず歯と装置との間に食べ残しが挟まりやすいため、ていねいなブラッシングが必要になります。食べ残しがあるとうまくフィットせずに咬み合わせが悪くなるだけでなく、新たな虫歯や口臭の原因にもなります。また子ども自身が装置を嫌がってこっそり外してしまっていると、本来の矯正がうまく進まないという問題もあります。

固定するブラケット矯正

歯をワイヤーで固定するのがブラケット矯正です。歯を固定するため、大人の歯が生えそろった頃に検討するとよいでしょう。矯正器具が常に口の中にあるので違和感に慣れるまで気になりますし、見た目に存在感があることも問題になりますが、何といっても効果がハッキリと得られるので確実な矯正方法でもあります。年齢もあがっているので本人の自覚があれば口内のメンテナンスもしっかりできますので親の負担は金銭面だけだと言えます。

乳歯の歯並びは永久歯の歯並びにも影響するため、子どもの歯並びが悪いと思ったら、永久歯に生え変わる前に出っ歯の矯正を行なった方が、より高い効果を得られます。